ChromePass

ChromePass 1.21

ダウンロードは現在できません。プログラムが中止されたか、セキュリティ上の問題か、もしくは他の理由が原因の可能性があります。

Google Chrome上に保存したWebサイトのパスワードを忘れたら!パスワード表示ツール

ChromePass(クロームパス)は、Google Chrome(グーグルクローム)ブラウザー上に保存されたパスワード情報をまとめて表示する無料ソフトです。Google Chrome上でパスワードを入力すると保存するか聞かれ、「はい」を選ぶと次回からパスワード入力を省けます。しかしそうなると自分で設定したパスワードすら忘れてしまいがちです。忘れてしまったパスワードを一覧表示させたいときに便利なのがこの無料ソフトです。 完全な説明を見ます

賛成票

  • Google Chrome上に保存されたログイン情報(パスワード・ユーザー名等)を表示し、保存・HTML出力できる
  • ユーザープロフィールを保存していれば、他のユーザーのログイン情報も見られる
  • 操作は簡単で起動するだけ
  • 言語パッチで日本語化できる

反対票

  • そもそもGoogle Chromeではオプションメニューでパスワードを表示できる
  • パスワードを保存しない設定にしている場合や、削除した場合は表示できない
  • ユーザープロフィールがあればほかのユーザーのログイン情報もみられるので、セキュリティに要注意

5

ChromePass(クロームパス)は、Google Chrome(グーグルクローム)ブラウザー上に保存されたパスワード情報をまとめて表示する無料ソフトです。Google Chrome上でパスワードを入力すると保存するか聞かれ、「はい」を選ぶと次回からパスワード入力を省けます。しかしそうなると自分で設定したパスワードすら忘れてしまいがちです。忘れてしまったパスワードを一覧表示させたいときに便利なのがこの無料ソフトです。

ChromePassの利用は簡単で、ダウンロードして起動するだけです。するとWebサイトのURLや、パスワードの種類、ユーザー名、パスワード、アカウントの作成日時などが表示されます。選択したパスワード情報をテキスト(txt)形式などで保存したり、全てのパスワード情報をHTML形式のリストに出力することもできます。パスワードを保存していない会員制サイトの場合は、URLのみが表示されて肝心のユーザー名とパスワードは空欄になってしまいます。

Google Chromeでは、ブラウザーのオプション画面の「個人設定」でも保存したパスワード情報を見ることができます。ただし、デフォルトではパスワードは暗号化されて見えないので、複数のパスワード情報をまとめてすぐ見たいときやHTMLで一覧リスト化したいときにはChromePassが便利です。また、ChromePass のAdvanced Optionでは、PC内に保存されたユーザープロフィールをインポートして該当ユーザーのパスワード情報を見られます。便利ですが、他人にも同様に見られてしまう可能性があるので注意が必要です。

ChromePassはブラウザーに保存されたデータを参照するので、Google Chromeのオプションで「パスワードを保存しない」設定にしていたりパスワード情報を削除してしまうと表示できません。そうでなくても、常にすべてのデータを完全取得できる保証はありません。パスワードはなるべくパスワード管理ツールIE PassViewなどで管理したほうがよいでしょう。なおChromePassはGoogle Chrome専用で、Firefoxユーザー向けには PasswordFox、Internet Explorerユーザー向けにはIE PassViewが提供されています。

ChromePassはGoogle Chromeに保存したパスワードやユーザーIDなどのログイン情報を表示してくれる無料ソフトです。日本語化パッチを導入することでメニューを日本語表示にできます。